So-net無料ブログ作成

文京区本郷の散策 [いい日、旅立ち(ウォーキング)]

平成27年3月20日(金)[曇り]



今日は地下鉄丸ノ内線の本郷三丁目駅を起点に、東京大学を一周する様なルートで散策をしてきました。



3月8日で湯島天神の梅まつりは終わりましたが、境内の梅はまだまだ見頃の様です。



湯島天神.jpg



湯島天神(梅).jpg



不忍池のほとりでは、雛菊桜(ひなぎくざくら)という種類の桜の花を見ることができました。

3月下旬が開花期で、ソメイヨシノより一足先に見頃を迎える桜です。



不忍池.jpg



東京大学の池之端門脇に「境稲荷神社」があり、神社の裏(北側)に「弁慶鏡ケ井戸」と言う井戸があります。

「銘水」・・・井戸を大切に使いましょう。と、書いてありますが飲めない様です。



弁慶鏡ケ井戸.jpg



弁慶鏡ケ井戸(説明書き).jpg



歩道側から見た、竹久夢二美術館と弥生美術館の状況です。



竹久夢二美術館.jpg



竹久夢二美術館2.jpg




弥生美術館.jpg



弥生式土器発掘ゆかりの地碑

明治17年(1884)、東京大学の坪井正五郎、白井光太郎と有坂鉊蔵の3人は、根津の谷に面した貝塚から赤焼きのつぼを発見した。
これが後に縄文式土器と異なるものと認められ、発見地の地名(弥生町)を取り「弥生式土器」と名付けられた。



ゆかりの地.jpg



「ちいさい秋みつけた」などの童謡作詞家、サトウハチロー氏が住んでいた旧居跡が文京区弥生町にあります。



サトウハチロー旧居跡.jpg



根津小学校の裏手側に「お化け階段」と云われる階段があります。

上りと下りの階段の数が変わってしまう、という噂です。

具体的には、40段あった上り階段が降りる時に数えると一段足りない39段になってしまうのです。



お化け階段.jpg



手すりの左右、どちら側の階段でも同じ現象がおきます。

念のため二回、階段の段数を数えながら上り降りしましたが、二回とも下り階段が一段足りません・・・。





この後は、根津神社へ向かいました。

境内では、梅と桜の花を両方見ることができました。



根津神社.jpg



根津神社2.jpg



夏目漱石旧居跡(猫の家)

ここには、イギリスから帰国後の明治36年から3年間住んでおり、この間に『我輩は猫である』を執筆し、この旧居が作品の舞台になった。と言うことです。



夏目漱石旧居跡(説明書き).jpg



夏目漱石(猫の石像).jpg



この後は、本郷通りの西側エリアの散策です。



石川啄木が下宿した蓋平館(がいへいかん)別館跡



石川啄木由縁の宿.jpg



「太栄館」の前に石川啄木の歌碑があります。

「東海の小島の 磯の白砂に 我泣き濡れて 蟹とたはむる」


石川啄木.jpg



蓋平館は、昭和10年頃大栄館と名称が変ったが、その建物は昭和29年の失火で焼けた。



石川啄木由縁の宿(説明書き).jpg


今まで自分が思っていた以上に、文豪「石川啄木」は、生活面で苦労をしていたんですね。





小説家の「樋口一葉」も生活が苦しかった様です。

家計をやりくりするために通ったという旧伊勢屋質店の土蔵です。



樋口一葉ゆかりの伊勢屋質店.jpg



樋口一葉ゆかりの伊勢屋質店2.jpg



本日の散策ルート、約7kmくらい歩いたかな。



ウォーキング軌跡.JPG


文京区は、多くの文人が住み、この地を舞台に数々の名作を著作し、文教の地としての厚みを一層増したと言われています。

また、この様な文人の活躍などから、文の京(みやこ)⇒文京区という区名になったと言うことです。

今日は、明治時代に活躍した文人たちに“ほんの少し”触れることができたという散策でした。



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

nice! 1

コメント 0