So-net無料ブログ作成

影向のマツ [いい日、旅立ち(寺社巡り)]

平成27年2月14日(土)[晴れ]


今日は、とても久しぶりの散策です。

今日の行き先は、江戸川区東小岩にある善養寺(ぜんようじ)へ、影向(ようごう)のマツを見に行ってきました。

JR総武線の小岩駅から歩いて約20分程度です。

外の空気はとても冷たい、でも歩いていると体が少しづつ温まります。





さて、影向のマツは国指定の天然記念物ですが、「日本名松番付 東の横綱」と呼ばれているそうです。

この様な呼び方を含めて、実はこのお寺は大相撲と縁が深いんです。

それは、後ほどにして…。



影向の松0.jpg




影向の松1.jpg



影向の松2.jpg



影向の松3.jpg



高さ8m、樹齢600年以上と言われている「影向のマツ」は、ワンフレーム内にはとても収まりきれません。

一段高い見晴台から、“枝張りの全景がやっと確認できるかな”という、かなりの大きさでした。



影向の松4.jpg


香川県にある「岡野マツ」と日本一をかけて争いましたが、、大相撲立行司の木村庄之助が仲裁に入り、優劣がつかず「どちらも日本一につき、双方引き分け」と裁いたそうです。

また、地元小岩の出身で、当時日本相撲協会の理事長を務めていた春日野親方も「双方を東西の横綱に推挙する」と庄之助の裁きを後押しし、二人の計らいによって「日本一のマツ争い」は無事に解決を見たそうです。

その後、この影向(ようごう)のマツに春日野親方は、「日本名松番付横綱推挙状」のプレートを贈呈し、影向のマツは“東の横綱”になったんですね。



プレート.jpg





また、この様なエピソードも…

その昔、このお寺に忍び込んで不動明王像を盗もうとした男が、像を抱えて逃げようとしたとき、石に足が張りついたために動けなくなってしまった、と云われている「影向の石」です。

翌朝になって男は捕まり、像も無事だった。今でも石の上に人の足型のような窪みが見受けられるとか。



影向の石.jpg



仁王門の両側には阿吽の像がありますが、その裏側には栃錦の銅像と「寄贈 春日野清隆」と書かれた大横綱が飾られています。

その第44代横綱栃錦清隆(1925年2月20日~1990年1月10日)は、この地が出身だということです。

裏側の写真が上手く撮れなかったので、正面からの画像だけになってしまいました。



仁王門.jpg



そして、JR小岩駅構内には、その懐かしき栃錦の像が置いてあります。



星降りマツ(ほしくだりマツ)


星の精霊がこのマツの梢に降り立ち・・・、いつのころからか赤と黄の石は紛失して青い石のみが残った。

とても幻想的な言い伝えのある松なんですね。



星降りマツ.jpg



しかし、その星降りマツは昭和15年に枯れてしまったため、その後2代目が植えられたそうです。


星降りマツ(石碑).jpg



これも大相撲に関連した「式守伊三郎報恩碑」です。



式守伊三郎報恩碑.jpg


この碑には、七十二首の「報恩軍配物語和讃(ほうおん-ぐんぱいものがたり-わさん)」というものが刻まれていました。

そして、第一首には「人は誰しも独りにて 生きてゆく事は叶うまじ」と、言う首が刻まれていました。

心が洗われる思いです。

ちなみに、この碑全文のコピーは寺務所でいただけます。



弘法大師像と鐘楼



鐘楼と地蔵.jpg



六角形の建物は、密厳宝塔(みつげんほうとう)と言う、お経の蔵なのだそうです。



密厳宝塔.jpg



綺麗に開花した梅、頑張ってまた少しづつ歩き出そう。



松に梅.jpg





nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 3

コメント 0