So-net無料ブログ作成

ステンドグラス アートVOL.3 [手芸]

平成26年3月23日(日)[晴れ]



今日もステンドグラスのアート制作にハマっています。

今回は、透明シートに直接ガラス絵の具を塗って作品を作ってみました。

出来ばえは、遠目に見れば何とか見れるかなというレベルです。

また、ステンドグラスアートのイメージからは、ちょっと離れてしまったという感じがします。





下絵は、なるべく単純で色数も少ないものを準備して、パソコンを利用してOHPフィルムに印刷しました。



下絵.jpg



さて、ガラス絵の具による初めての着色作業ですが、均一の幅(線)に塗るのはかなり困難です。

また、細かい部分での色の塗り分けは、不可能かと思われます。

さらに、ダイソーで買ったガラス絵の具は粘着力が強く、筆塗りができないためチューブを押し出しながら塗っていくので、ちょっとでもチューブを強く押しすぎると絵の具が多く出てしまい、修正出来ません。

たぶん、数時間乾かしてゴム状になってから一旦剥がし取って、塗り直すのだと思います。



着色(ガラス絵の具).jpg



見栄えはどうあれ、とりあえず制作過程を学ぶのが今回の主目的なので、作業を進めていきます。

円窓の左半分は閉じている障子なので、白色のガラス絵の具で着色をしようか迷いましたが、すりガラス風のシートを貼ってみました。

パッと見ためには判りにくい結果になってしまいました。



着色完成.jpg



う~ん、ガラス絵の具の取り扱いが非常に難しいですね。



完成.jpg



ネットショップでは、ガラス絵の具を用いないで、別な材料で作るステンドグラスアートの制作キットも売られているようです。

でも、今の手法を色々とアレンジして作品も作ってみたいし、ガラス絵の具の強い粘着力を何かに応用できないかなぁ~?

石ころなんかも塗る素材にできそうだし…






nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 3

コメント 0