So-net無料ブログ作成

東京消防庁の海上訓練(晴海ふ頭) [コマジェとの思い出]

平成25年5月3日(金)[晴れ]


今日は、“コマジェ”で晴海ふ頭へプチツーリング。

目的は、本日11時に入港予定の豪華客船Voyager of the Seas(ボイジャー・オブ・ザ・シーズ)を見に行くためです。

後で解ったのですが、この客船は大井ふ頭に入港(9時30分)が変更となりました。

結果して、予想外の東京消防庁所管の船舶による海上訓練を目の前で見ることができました。

今年の4月30日から運用開始された東京消防庁で一番大きな消防艇(臨港消防署配置)「みやこどり」の放水訓練が見れたのです。

どうやら、5月26日(日)に晴海ふ頭で開催予定の「水の消防ページェント」に向けてリハーサルを行なっていたようです。


さっそく、大迫力の「みやこどり」の放水シーンから。

両隣の消防艇から放水される水量と比較しても段違い。

「みやこどり」は、総トン数195トンで放水能力は、毎分70,000リットル。

この数値は、ポンプ車約35台が一斉に放水したのと同じ量だというから驚きです。



みやこどり(放水訓練).jpg



こちらは、横から見た放水のシーンです。



みやこどり(放水訓練)2.jpg


水しぶきで船体がよく見えませんが、間近で見るとこのような姿なんです。

下ろしたての新車みたいでピカピカです。



大型科学消防艇みやこどり2.jpg



大型科学消防艇みやこどり.jpg



で、放水状況の現地映像です。

「みやこどり」から、逃げるように走ってくる水上スクーターは、水難救助活動等で活躍している、風神と雷神の2艇です。

ネーミングもカッコいいです。

最大速度は、54kmです。






「みやこどり」の放水シーンが、キング・ギドラの様に見えたの自分だけでしょうか。


今回撮影した消防艇や救助艇の一部です。


指揮艇「はやて」は、海上の災害現場で消防部隊の指揮をとる指揮艇です。



指揮艇はやて.jpg



消防艇「かちどき」は、低い橋の下を航行できるように、低い船体で、マストも倒せるようになっている。



消防艇かちどき.jpg



救助艇「しぶき」は、救助艇「はるみ」とペアで行動する操縦性に優れた水難救助艇です。



水難救助艇しぶき.jpg



救助艇「はるみ」は、東京消防庁で一番の速さ誇る水難救助艇です。

総トン数11.0tの重さですが、水上スクーターの風神・雷神と同じ最高速度の54kmで航行できるそうです。



水難救助艇はるみ.jpg


で、ゼロヨン大会が行われたんです。

やはり水上スクータが、トップの様です。

でも、車体が軽い分受ける波の衝撃で操作が大変そうです。






最後の写真は、晴海ふ頭に停泊中の海洋丸と海鷹丸(うみたかまる)の二艘です。

それと、晴海客船ターミナルの展望塔から見た風景です。



晴海ふ頭(海鷹丸と海洋丸).jpg


レインボーブリッジ.jpg



展望デッキ.jpg



展望デッキ2.jpg


今日は、超ラッキーでした。


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:バイク

nice! 6

コメント 0