So-net無料ブログ作成

西新井大師~竹の塚の散策 [いい日、旅立ち(ウォーキング)]

平成25年1月12日(土) [晴れ]


今日は、西新井大師から竹の塚までを散策してきました。

11.3kmの道のりを、約3時間かけて歩きました。

たくさん見所があって、ブログへの記録が容易じゃありません。



今回の散策ルートは、西新井大師→満願寺→猿仏塚(さるぼとけづか)→国土安穏寺(こくどあんのんじ)→栗原氷川神社→赤羽家長屋門→島根鷲神社→炎天寺→西光院→常楽寺→万福寺→竹の塚カリンロードと、寺社を主に散策しました。



西新井~竹の塚散策(軌跡).jpg



①西新井大師



新入社員時代の約一年間は、ここから10分ほど離れた所に住んでおり何度か訪れているのですが、今までの記憶とは全く違っていた事に驚きです。

数十年という時間は、これほど人間の記憶を曖昧なものにするんだなぁ・・・。





かなり大きくて、歴史のある山門です。



西新井大師(山門).jpg



浅草寺を思わせるような大本堂と多くの参拝者でした。

また、たくさんの屋台も出ており、縁日のような活気です。



西新井大師(大本堂).jpg


境内の左奥には、大きな池と石橋。そして、弁天堂が建っています。

橋の欄干の文字が達筆すぎて読めずに、後で調べたら「大願成就橋」という橋の名前でした。



西新井大師(大願成就橋).jpg



西新井大師(弁天堂).jpg



御朱印もいただきました。



西新井大師(御朱印).jpg



②満願寺



満願寺.jpg



たぬき塚の詳細は、不明です。



満願寺(たぬき塚).jpg



③猿仏塚



道路を挟んだ島根小学校の西側にひっそりとあります。



猿仏塚.jpg



誤って死なせてしまった人間の赤ん坊の墓を、食事もとらずに死ぬまで守り続けた、賢い猿の悲しいお話です。



猿仏塚(説明書き).jpg



④国土安穏寺



お寺の前の歩道上で見かけた「パネル」です。

徳川将軍家の鷹狩りの様子を図案化した様です。



国土安穏寺(歩道パネル).jpg



このお寺の境内は広く、また、見所もたくさんあります。



表から見た仁王門。



国土安穏寺(仁王門・表).jpg



こちらは、裏側(境内の中)から見た仁王門です。

大きな「わらじ」だこと。



国土安穏寺(仁王門・裏).jpg



大きくて立派な本堂です。



国土安穏寺(本堂).jpg



第三代将軍「徳川家光公」が植えた松で、「五街道分間延絵図」に描かれているとのことです。

凄い松の木なんですね。



国土安穏寺(御手植之松).jpg



国土安穏寺(御手植之松・説明書き).jpg



墓地の手前には、ユニークな小僧の石像が二体ありました。



国土安穏寺(掃除小僧).jpg



国土安穏寺(居眠小僧).jpg



「二宮尊徳」の様な像なのですが、ネットで調べても解りませんでした。



国土安穏寺(気になる石像).jpg



旧本堂で使われていた立派な「鬼瓦」です。



国土安穏寺(旧本堂鬼瓦).jpg



嶋根歌舞伎発祥公演之地



国土安穏寺(嶋根歌舞伎発祥公演之地).jpg



鎌倉幕府中期に日蓮宗を開いた僧の「日蓮上人」

こちらの銅像も大きいです。



国土安穏寺(日蓮上人).jpg



鶴亀の庭



国土安穏寺(鶴亀之庭).jpg



⑤栗原氷川神社



こちらの神社では、お参りのみ。



栗原氷川神社.jpg



⑥赤羽家長屋門



江戸時代に名主を務めた牛込家の長屋門。
屋号を「金武(きんぶ)」と唱えていたことから、「金武屋敷の長屋門」とも呼ばれるそうです。



赤羽家長屋門.jpg



赤羽家長屋門(説明書き).jpg



⑦島根鷲神社(しまね わしじんじゃ)



この神社の境内にも、見所がたくさんあります。



鷲神社.jpg



将軍石

島根村は徳川将軍家の鷹狩場であったため、この鷲神社にも歴代将軍が参詣に訪れていた様です。

この神社でも3代将軍の家光が松を植えたそうですが、何と枯れてしまったとか。

また、徳川吉宗が座ったという将軍石があります。



鷲神社(将軍石と島根学問所跡).jpg



もちろん、説明書きの通りに座りましたが、昔では恐れ多くて座った日には、死罪かも?

すわり心地は、ちょっと固めです。



鷲神社(将軍石・説明書き).jpg



また、告知板の左端には、「賜 白銀十枚 六諭行儀大意」と書かれています。

この神社にあった寺子屋で、手習い教本に幕府の諸法度集が用いられているのを見て、祠官に褒美を賜ったということのようです。



境内の奥に、この様な像がありました。

本神社の御祭神の日本武尊〔やまとたけるのみこと〕の像でしょうか。



鷲神社(石像).jpg



縁結びの樹〔愛染桂(あいぜん かつら)〕



鷲神社(愛染桂・縁結の樹).jpg



鷲神社(愛染桂・縁結の樹)2.jpg


重さ35トンの灯籠です。



鷲神社(長寿山灯籠).jpg



鷲神社(長寿山灯籠・説明書き).jpg



本殿裏には高さ2mほどの富士塚もあります。



鷲神社(富士塚).jpg



鷲神社(富士塚・長寿健康の神).jpg



⑧炎天寺



炎天寺.jpg



このお寺は、江戸時代を代表する俳人の小林一茶と縁が深く、「やせ蛙 まけるな一茶 是にあり」という俳句の通り、境内は蛙づくしなんです。



炎天寺(小林一茶像).jpg



相撲を取っている蛙の後には、「蝉なく や 六月村の 炎天寺」という句碑があります。



炎天寺(やせ蛙).jpg



こちら側には、「やせ蛙 まけるな一茶 是にあり」の句碑があります。

左端で腕組みをしている蛙は、親方さんなのでしょうか?



炎天寺(蛙)1.jpg



こちらの蛙は、滝行を行なって悟りを開いているようです。



炎天寺(滝行蛙).jpg



本堂の右端には、福蛙の石像があります。



炎天寺(福蛙).jpg



横に回りこんで見てみると、子供の蛙をおんぶしています。



炎天寺(福蛙)2.jpg



竹ノ塚駅近くの歩道上で見かけた、汚水マンホール蓋の図柄です。



汚水マンホール蓋.jpg



こんな「パネル」も発見。

歩いた歩道上で蛙の図柄は、この一枚だけ。ラッキー。

他にも、違った図柄のパネルがありました。


歩道パネル(蛙相撲).jpg



⑨西光院


西光院.jpg



⑩常楽寺



常楽寺.jpg



⑪万福寺



明治九年四月、竹塚・島根・栗原村の子どもたちが学ぶ「竹嶋小学校」がこの寺に開設されたそうです。

寺子屋 竹嶋小学校跡の碑



万福寺(寺子屋記念碑).jpg



12 竹の塚カリンロード



東武線「竹ノ塚駅」の東側にある商店街(カリンロード)の様子です。

お昼に食べたかったラーメン屋さんが、意外にも見かけませんでした。



竹の塚カリンロード.jpg



今回の散策は、予想以上にたくさん面白いものが見られました。






nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 2

コメント 0