So-net無料ブログ作成

木彫り(いよいよ、バードカービングに着手) [工作]

平成24年12月11日(火) [夜]



前回までは、最も柔らかい“バルサ材”で木彫りの練習をしましたが、“バルサ材”は元々木彫りには、あまり向いていません。

今回は、木の種類を変えて“ネコ”を彫り始めましたが、あまりに堅く糸鋸もうまく切れず、断念することにしました。



ネコ(木彫り、断念).jpg



今回のためにCADで作成した“ネコの型紙”は、次回に再利用することにします。



ネコ(下描き).jpg



ちなみに、このネコの作図データは、以前shade(シェード)という3Dソフトで作成したデータをDFXというものにエクスポートして、Auto-CADで読み込み編集したものです。



蝶と猫.jpg



ネコ(型紙).jpg




この下描きの作図方法も、今後使えそうです。


さて、いよいよバードカービングの実行ですが、ネット通販で購入したバードカービングキットでも、やはり下描き(型紙)が無いと、彫れそうにありません。



バードカービングキット.jpg



今回は、下書き用の設計図の作成方法をさらに進化させて、スキャナー+LTらすたー+Auto-CADで作成することにしました。


[下書き用型紙の作成手順]


1.バードカービングキット(シジュウカラ)に付いていた資料をスキャナーに読み込んで、JPG画像に保存し
ます。



シジュウカラ(カタログと木材).jpg



2.「LTらすたー」という、フリーのソフトを使ってAuto-CADにイメージデータとして 取り込みます。



シジュウカラ(CAD、ラスター).JPG



3.Auto-CAD上で、このイメージデータの輪郭をなぞって線画を作成します。

下の写真で、緑色の線がCAD上でなぞっている線です。



シジュウカラ(CAD、なぞり書き).jpg



4.なぞってできた線画を回転や尺度変更、鏡像などの機能を使い、型紙用の設計図(三面図)を完成させます。



CAD(三面図).JPG



5.後は、プリントアウトして、切り抜けば型紙として使用できます。



シジュウカラ(三面図).jpg



今回のバードカービングも、“散策”の合間の時間で、ゆっくりと時間をかけてやってみます。





nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

コメント 0