So-net無料ブログ作成

金時山ハイキング(富士見と、まさかり)[リベンジバージョン:天国モード] [散策同好会]

平成24年12月7日(金) [晴れ]



当初の計画より3週間遅れとなった散策同好会(第23回)による、金時山ハイキングの活動記録です。


まずは、前回(H23.9.17:土曜日)の“金時山ハイキング(地獄モード)”を、思い出すと…。


・道迷い(40分間の時間と体力のロス)

・十二支階段(急勾配)での衰弱により頂上の茶店では、昼食がほとんど食べられず。
 (それでも、涙目でカップラーメンを1/4食す)

・一度も見れなかった富士山

・ゲリラ豪雨の襲撃(下山時の40分間、耐え忍ぶ)

・満水状態のトレッキングシューズと全身ずぶ濡れ状態で薄暗い登山道を下山(すでに
 八分泣き)
 足を滑らせて思いっ切り、転倒(1回)

・写真に“オーブ”が写り込む程の極限状態で、ふもとに到着。

・やっと乗り込めたバスも超満員で、心身が休まらないまま40分間乗車した箱根登山バス。
      ・
      ・
      ・
はっきり言って、“ボロ雑巾の地獄モード”でした。


と、言うことで、今回は平日に休暇を取り、また、天候が安定する秋の時期を選んでリベンジしました。

結果は、天気、体調、景色、言うことありません。

しいて言えば、金時山の頂上直前にある「十二支階段」の上りが、やはり難関でした。

しかし、休み休み上ることで頂上の茶店では、美味しいみそ汁と持参のおにぎりを完食することができました。



(登山軌跡の記録データ)



登山軌跡(ルート).JPG



登山軌跡(高度グラフ).jpg



(金太郎遊びの石)



金太郎が遊んだと言われている石と、たくさんの陶製の置物です。



金太郎遊びの石.jpg



金太郎遊びの石2.jpg



金太郎遊びの石3.jpg



「金太郎生家跡」では、綺麗に紅葉したモミジを見ることができました。



金太郎生家跡.jpg



(夕日の滝)



夕日の滝の手前には、「金太郎の歌」の歌碑があります。

“力水(ちからみず)”も飲みました。



金太郎の歌.jpg


滝は、何度見てもいいですね。



夕日の滝.jpg



今回も、動画を撮りました。







(金時山)




前回は、黒い雨雲に覆われて全く見ることができなかった「猪鼻砦跡」から眺めた富士山です。



猪鼻砦跡(富士見).jpg



自分にとっては、トラウマ的な強敵の“十二支階段”です。

この地点は、まだ手前で“十二支階段”の段差は、こんなもんじゃありません。



難関の十二支階段.jpg


十二支階段の途中にあった“金太郎の像”



金時山像(十二支階段).jpg



平日にも関わらず、頂上は、たくさんのハイカーで賑わっていました。

順番待ちで“まさかり”を手にし、富士山を背景に記念撮影。

やったぁ~、感激の瞬間です。



金時山山頂(まさかりを持つ).jpg




金時山の頂上から見た芦ノ湖



芦ノ湖.jpg



下山途中の仙石原と矢倉沢峠方面の眺望



仙石原方面.jpg



矢倉沢峠方面.jpg



前回、ゲリラ豪雨による濁流と“オーブ”が写り込んだ、魔の下山口です。



金時山ハイキングコース(登り口).jpg



帰りは、箱根湯本駅からロマンスカーで酒を飲みながら、快適に東京へ戻りました。


ロマンスカー(箱根湯本駅).jpg




そうそう、新宿の居酒屋で散策同好会のミーティング中に大きな地震があり、途中で切り上げて帰宅しました。

“金時山”、相性が悪いのかなぁ。




nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 2

コメント 0