So-net無料ブログ作成

高尾山に登る! そして、苦労をした分、感動はとても大きかった。 [散策同好会]

平成22年11月6日(土) [晴れ]



今日は、先輩と二人で高尾山に登ってきました。
紅葉と山頂から眺めた富士山は、とても絶景でした。

天気、紅葉の状態、体調、装備。全てよし。
8時38分、気合を入れて、登山を開始。

標高599mの頂上を目指して、3.8kmある1号路(100分)を軽やかに歩き始めたのですが…




1号路.jpg



15分程歩いた頃でしょうか、かなりの暑さです。
ダウンジャケットを脱いで、長袖のシャツ1枚になり、ちょうどいい感じに…。

さらに傾斜のある坂道と段差が大きい丸太の階段を登っていきます。
きついです。足が、腰が…。さらに、汗だくです。
ふもとから30分ほど経過し、金比羅台という関東平野を一望できる展望台にたどりつきました。
くぅ~。
おぼつかない足取りで、とりあえずパノラマ写真を撮り、小休止をすることに。



金比羅台パノラマ2.jpg



先はまだ長い。坂道はなんとか上れるのですが、この丸太階段の大きい段差には、正直こたえました。

先が見えない不安の中、さらに前進。
鬼の様な丸太階段もなくなり、普通の上り坂が続き、足取りもやっと軽くなってきました。

リフト乗り場を過ぎてさらに進んでいくと、ケーブルカーの乗り場が見え「かすみ台展望台」に到着です。
小休止を兼ねて、ここでもパノラマ写真を撮影することに。



かすみ台パノラマ.jpg



紅葉も進んで、かなりいい眺めです。

さらに登っていくと“たこ杉”という、根の形がタコの足に似ている樹齢450年の杉を見ることができました。




IMG_4597.jpg



“浄心門”という門をくぐり抜けると、坂道が二つに分かれています。



IMG_4599.jpg



左手には、108段の階段が続く男坂と、右手に見えるゆるやかな坂道の女坂。
迷わず、ゆるやかな女坂に歩を進めます。

女坂を登り切ると、権現茶屋に到着しました。




IMG_4600.jpg



わりと短い間隔で、休憩所や見晴らし台があるので助かります。
ここでは無料の熱いお茶を一杯いただき、風景の写真撮影などを撮りながら一休み。

しばらく登ると、高尾山薬王院に到着です。
綺麗に紅葉した“もみじ”を眺めた後は、お参りをしました。



IMG_4616.jpg



IMG_4618.JPG



さあ、山頂まで残りあとわずかです。

山頂に到着しました。
時刻は、10時30分。2時間かけての登山で、ほぼ予定通りです。
頂上での、人の多さには、正直驚きました。

頂上の紅葉した、もみじも綺麗でしたが、それ以上に頂上から見た富士山は、絶景でした。


IMG_4622.jpg



IMG_4625.jpg



IMG_4628.JPG




頂上パノラマ.jpg



この後、紅葉したもみじの木の下で昼食を取りました。
缶ビールで乾杯をした後は、ウィスキーの水割りへと、今までの疲れも吹き飛び贅沢な一時を過ごしました。
先輩、おつまみとデザートの柿まで、いただきごちそう様でした。

下りは、中腹の途中からエコーリフトに一人ずつ乗り込み、360度パノラマで紅葉を堪能することができました。
ケーブルカーの方に乗ろうか迷いましたが、リフトで正解でした。







IMG_4650.jpg


下山した後は、ふもとのおみやげ屋さんを回り、一杯飲み屋で反省会です。
さらに、帰宅途中の新宿で二次会へと続きました。






nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 1

コメント 2

yosi

色づいていい感じです。

by yosi (2010-11-10 17:37) 

いっとく

yosiさん、ご来訪ありがとうございました。
久しぶりの登山ハイキングで足腰が厳しかったですが、やはり頂上で見た紅葉と富士山は最高でした。
yosiさんも、ツーリングで季節を体感されている様ですね。
by いっとく (2010-11-10 19:30) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。