So-net無料ブログ作成

子ヒメタニシの真偽 [観賞魚観察日記]

平成21年8月15日
高確率でヒメタニシの子供だと思います。[わーい(嬉しい顔)]

約1週間前に発見した子供の貝は、その後の調査でヒメタニシの子供だと確信しました。

308315730831583083159

体長は約3mm程度で、ルーペを使ってやっと巻き方向が確認できる状況です。
水槽内を写したマクロ写真では、貝殻に斑点模様がありサカマキガイかもしれないと思っていました。
インターネットの図鑑で調べた巻き方向を確認するため、子供の貝を慎重に水槽から取り出し良くみると右巻き(時計回り)であることが確認できました。
また、殻の頂点を上にして横から見ると口が殻の左側にあるのがサカマキガイとも書いてあり、それとも異なるためヒメタニシの子供と断定です。

WANTEDのサカマキガイは、こんな奴でメダカの卵を食べてしまいます。
水草に卵でくっついてきて勝手に孵化するしぶとい奴です。
既に4個駆除済みです。

3083325

しかし、ヒメタニシがいつのまにか子供を生んだのは、判りません。
しばらく、また観察を続けます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0